検索
  • o8o11306421

事業復活支援金の申請について

明日から、3月です。

表題の通りなのですが、いまいち「事業復活支援金」について存じてない方が多いのかなとおもいまして、ブログにて再度案内させていただきます。

制度の趣旨は、

過去の3年間(2018年11月~2019年3月、2019年11月~2020年3月、2020年11月~2021年3月)において、2021年11月~2022年3月のどの月でも前述した期間に対応する月の売り上げが、30%以下になって」いれば申請できる

制度です。

申請期限は5月末までですが、今から過去の売り上げを見てから、自身が申請対象になるのか、ご検討ください。

国は、こちらから申請しなければ何もしませんというより、できません。

一人一人に、対象者ですと通知できるものでもないので、自己の権利はご自身で行使してください。私たち、行政書士はそのお手伝いをできる職業なので、ご相談・申請補助はご遠慮なくご連絡ください。

閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

そもそも、戸籍の制度ってどこが発端なのでしょう? 中国・韓国・日本で主に活用されている制度なのかと思います。 今日は、韓国と日本の戸籍制度を比較したいなと 韓国は2008年に戸籍法の改正がありました。 改正により、今までの一族戸主(家督)制度から、家族関係登録簿制に変わりました。 つまり、日本と同様に登録簿には、本人と配偶者、子、両親のみが記載されるようになります。 以前は、当主ではないですが、家

ご無沙汰しております。なかなかブログをアップできなくて、遺憾です。 えっ~と、表題通り一年の半分、188日くらいがすぎました。 年を取ると、時間が早く過ぎるといいますが私の場合は、1日を濃密に過ごしているせいなのか、やたらと長ーく感じるんですよね。1週間前のことが体感的に3週間前くらいのことに感じてしまい、先週お会いした顧客に対し「ご無沙汰しております。」と普通に言ってしますので、自分自身の時間間